DIARY

41-1.jpg

手ブロで描いたやつを清書シリーズ(いつシリーズになった)。

じぇらしーのPVがとってもツボだったので。
3ヶ月連続リリースとか、好きになった当初・・・
2000年くらいを思い出しますなあ〜
あの頃超好きだったな、GLAYで日常が充実してたな〜
なんて無駄に懐古したりして。苦笑

最近新しく絵柄を自分で考える気力がなく
PVからのインスパイアばっかで絵を描いてます・・・
ま、絵を描きたい欲はそれで満たされるからいいのだけれども。

こないだのニコ生、2時間くらい前からPC前にスタンバイして
ばっちり視聴しましたよー(´∀`)
やっぱり4人がいいね、いつも・・・(遠い目)

とりあえずてるちゃんの笑い声に癒されたのと
たくろーのいいお父さんっぷりに複雑な気持ちになったのと
じろうの話の軌道修正っぷりに感心したのと
ひさしの夜が更けていくにつれての
テンションのあがりっぷりを楽しみました。苦笑

ジェラシーいいっすね、無駄に今の自分にハマるので
なんかすげえ感情移入して描いちゃったこの絵・・・
まあハマるっても曲解ですけどね。
でもいいの、そうでもしないとやってらんないの(毒)

と、ここまで書いて
今日ってe+で申し込んだチケの当落発表の日だったことを思い出した。
でも13:00からってうおおおん はがゆい(今は12:30)。

ま、当たったと書きにこない限りはずれたと思ってください 苦笑。
十中八九当たらないけどなー。はははは。

http://tegaki.pipa.jp/286937/20646551.html
手ブロにリンクを貼っちゃうよー

まともなのは1年ぶり?くらい?

一番描きやすい、単色絵(苦笑)。
色まで塗る気力と時間がないからな・・・

限定シングルのG4・2の
everKrackにドンハマリしています。
PVのてるさんにやられてまたリアルもどき絵を描いてしまいました。
この目線やべぇいろっぽい。

続けてこの曲PV絵を描いてますが、完成はいつになるやら?
まあ↑のてる絵は一日で描いたものだし、
最近時間をかけると必ずお蔵入りになるので、
アップするとしたら近いうちに・・・だと思います。
今の愛と勢いで仕上げないとまたダレるから・・・。orz

さて、下の記事の「書きたいことまとまったら云々」に
自分で振り回されて全く日記がかけなかったので、一度白紙に戻そう。
つーか引きこもり生活よくないね、深刻に考えすぎる。

だけど絵を描いていられれば・・・
それによって楽しさを感じていられれば、
考えすぎてた色んな事が気にならなくなる。
私にとってはこれが一番満たされることなんだろう。

やっぱり私の人生はこうやって回って行くんだと思う。
それでいいじゃないか。

と、思うようになりました。

時間ないので今日はこのへんでー

まとまらないけど今思ってることをつらつらと。

私はGLAYさんが好きだ。11年前からずっと。
この月日の流れがすんごく残酷だと思う。

お互いに年月を経ていく故の感覚の違い。
それは年々浮き彫りになっていってつらくなる。
でも根本的なところが好きでたまらないから、
結局嫌いになんてなれないから、ずっとすがり続けている。

「ずっと」好きであることを誇りに思っていたりした。
でもそれがただの執着や惰性な部分もあった。
でも、恋愛にも似たそれは、その感情のままでは絶対に届かなくて。

だから正面から一緒に仕事することを夢にした。
絶対届かないとは思いたくなくて。
10代の頃から抱き続けた拙い夢。
だけどこれが私の人生の指標になっていた。

結婚妊娠出産。
その一連の、世間で言う「女の幸せ」ってやつと、
自分が抱き続けてきた憧れや夢は
なんだかどうしても両立できる気がしなかった。

そのどちらかを選ぶ選択を迫られたとき
私が選んだのは、結局ステレオタイプな「幸せ」だった。
ただ、自分を愛してくれる人を失いたくなかったという理由だけで。
今考えてみればなんて自己中なんだろう。

10代の頃の自分はそういう選択をする女性が嫌いだった。
自分一人で生きていくことを早々に諦めているようにみえるところが。

その10代の頃の自分の目が痛くて怖くて、
考える事すら避けていた。ずっと。

でも生活をしていくにつれ、
私の夢に対する思いや
それを実現するために歩んだ数年間の自分が悲鳴をあげる。

このままでいいのか。
このままで本当にいいのか。

今の生活も多分に幸せだけど。
自分が必要とはしていなかった・・
自分が知らなかった形の幸せがここにはあるけれど。

ないものねだり。
今の私の生活を羨ましいと言った友達がいた。
私はその子の生活が羨ましくて仕方ないのに。

「ささやかな幸せを守るため 大切な夢までなくしたのね」
「開けてみれば懐かしき青春の光
 今の暮らし繰り返す 自分のようで
 自分ではなくてどうしようもなくて」

この詩を聞くたびに号泣してしまう。
往生際悪くて、諦めきれないんだ・・・
自分のアイデンティティですらあった拙い夢が。

でも今の状況から、夢に近づく術がわからないんだ。
家庭を持ってしまった以上に、双子の親であると言う事実。
それは変えようがなくて、
もう逃げることなんて許されない大きな責任で。

双子抱えながら働ける場所なんてそうないよ。
つーかデザイン職なんつー昼も夜もないような仕事、
結婚してたらできるわけないじゃん。
結婚が決まったのと同時に前の仕事辞めたのそれも理由だし。

っつー現実的な計算もしながらここにいる。
一番嫌いだった、旦那に養われるしかない女になって。
きれいごとばっか並べながら、楽な方向に流されたのも事実だし。

双子はとんでもなくかわいいし幸せだけど、
本当は逃げたくて仕方ないんだと思う。
そして一から自分の夢に向き合いたいんだと思う。

ずうっと、生活しながらも違和感があったのはこういう理由だろう。

でも。でもね。

夢だなんだと追いかけていられるのは。
これまで自分が親というものに守られていたから、
つまりは子供だったからなのだと。
この一言で言うととても陳腐で、哀しくて、
できれば認めたくなかったんだけど。

自分の命には限りがあって。
ずっと続くような錯覚をしていた日常にも限りがあって。

妊娠、出産を経たら、
そのことと同時に・・・
今まで守られていた、親の命の限りとか、
妊娠出産、ひいては子育てできる期間の限りとか・・・
すごく明確に、リアルに・・・考えるようになってしまった。

まだそのどちらも先の話なんだけどね。たぶん。

長くなりすぎたしぐだぐだなのでいったん送信。
また書きたい事まとまったら書きにきます・・・。

余裕がな・・・い・・・

自分の中のイメージやら言葉やらを形にしたい欲はありあまってるのに、
人生史上初めてと言っていい睡眠時間の少なさに
なんかもう自我がめちゃくちゃになっております。

「これ以上ストレスをためこんだら自分ぶっ壊れるライン」が
割とはっきりしているので、そうならないようにする方法くらいは
身につけてるつもりなんですが・・

覚悟はしてたものの思い通りにならないことが多すぎて
自分自身の欲求は生きるためのもの以外全部スルーしてみたら
なんか文字通りからっぽになってしまって
危うくなった期間もありました・・・
今は少し自分のための時間もとらせてもらってるけど。
今もまさにそうですね。

なんなのでしょう、自分がおかしいと、弱っていると
自覚はしていてもそれをぶつけられる人間がいなくて
とんでもなく孤独を感じたりして。
そもそもとっさには上手く言葉にできないんです、
今も相当考えて打ってます、でもうまく言えない・・・
こんなこと考える余裕はあるんだな、とは思うけど
なんかもう出さないと自分保っていられなさそうで怖くて。

あ、ちょい前に身につけてるつもりとか言いつつ全然ですね。
今まさにそうなりかけてるじゃないか・・・

実家にいてすごく助けられてるけど、
やっぱり煩わしさはあって。
文句なんて言えないくらいみんな手伝ってくれるし、
すごいありがたいんだけど・・ちょっとしたことでもぶつかると
すんごい落ち込んだり怒りがこみあげてきてどうにもならなかったりして
でもなんかもういっぱいいっぱいすぎて何も言う気が起きない。

ほんと今まで抱いてた悩み・・・
認められないとか仕事うまくいかないとか人間関係下手だとか
それはそれで大事な悩みだったんだけど
ものっすごく些細なことに思えます、今となっては。

ここんとこ色々と自分で処理しきれないようなことが重なってて、
正直こんなに試練いらないよ って感じだったんですけど・・・
今それの最大ですね。初めてのことなんだから当たり前だけど、
高校時代の自分がやってたように言葉で自分を納得させるというか
自分の(言ってしまえば幼い、周りの見えない自己中な)
ポジティブ思考だけでは
なんかもう対応しきれないんですね・・・
人間を二人も育ててるんだから当たり前なんだけど、
思い通りにいかないのなんて。

そうわかっているし、常に言い聞かせてはいるものの
ほんとうにキツい・・・
今までの甘ったれた自分からすると最大級にがんばってんのに
目に見える形では結果が出ないのも苦しい理由ですね。
仕事とか、お金って対価で返ってくるだけ
辛くてもマシだって思うもん、今なら。

いやぶっちゃけ私がやってきた仕事なんて
全然楽ちんなもんでしたけどね。
なんか色々と価値観というか人生観が変わりつつあります。

断っておくと双子はすんごいかわいいのですよ。
子供嫌いだった自分からすると不思議なくらいそう思える。
でも自分の辛さとは別なんだよねえ。

ああ、結局はけ口になっちゃった。
でもまあそれも「今の私」なのかもしれないですね・・・。

5月頭から入院をしておりまして、
6月4日に無事双子を出産して先週末ようやく家に帰って来れました。

覚悟はしてたけどやっぱりいろんなことの余裕がないっす・・・
サイトいじりしてたけど、完成させられるかちっと危うい。

なのにアクセス数がちょこっとずつ伸びている。
なぜだろう(苦笑)。
サーチエンジンからの訪問が多いけど、
数年前から登録してるやつだしなあ。

謎な訪問というか
なぜか嵐のサーチエンジンに私のサイトがいる・・・(汗)
登録した覚えは全くないんだけどなんでだろ。
GLAYのサーチエンジンと同じサーバーだったから
それが原因かなあ。

さて近況と今の心情としましては
まだ産後の体調がうまく戻ってないものの
自分にできる範囲で育児がんばってます・・・
実家にいるんで、家族が協力的なのもあって
だいぶ精神的には楽ですが、
やっぱりいろんなことがなかなかうまくできないですね・・

で、出産するまで割と怖かったのが
私自信子供が嫌いだったので、自分の子供可愛いと思えるかなあ
って不安があったんですけど

そんな不安は別にいらなかった。(苦笑)
やっぱり本能ってあるんですね・・
自分の子は可愛いと思えるようになってるんですね、ちゃんと。

でも一気に2人分のお世話ってやっぱり大変・・(´・ω`)
これからが不安、いろんな意味で。

しばらくネットの世界からは遠ざかるか、
もしくは辛くてここをはけ口にするかのどちらかになるかも(ぁ

双子、可愛くてしょーがなくはあるんだけど、
自サイトに写真載せる気は毛頭ありません(苦笑)。
このサイトはあくまで「私」なので
唯一自己中になれる最後の砦とでも言えばいいのか、
「自分」というものをなくしたくないというか・・・
自分の中心を「子供のママ」にはシフトしたくはないのです。

絵的に美しい写真でもとれたら載せるかもしんないけど
正直好きな漫画家さんが子供の写真載せまくってるの見て
かなり萎えた過去があるんで、私はやらない。苦笑

拍手とかメールとかありがとうございます!
つか、たぶん見れてない拍手メッセージもありそう・・
一か月半入院してたけど、拍手ログって二週間しか残らないから・・

うう、さすがに眠くなってきたので寝ます。
こんな停滞サイトなのに見に来てくださってる皆さんありがとうです。